K’s CAFE vol.11 すべての美肌は良質なクレンジングから始まる!

クレンジングは必要悪?

毎日メイクをしてそれを落とす、その繰り返しは確実に肌にダメージを与えています。
良質なクレンジングが美肌への最短距離。クレンジングで肌は確実に変わります。
何を選べば良いのかわからないという方も多いはず。クレンジング剤の選び方について解説します 。

最近のファンデーションやメイク下地、UVケア製品はどんどん進化して、崩れにくくなっています。
油を含むメイク等を浮かせて落とすためには、クレンジングが必要に。
洗浄力が高くないと崩れにくいメイクは落とせない、かと言ってメイクをしない訳にはいかない…
水だけの洗顔では、酸化皮脂が肌に残留し、シミの原因にも。
ある意味クレンジングは必要悪ともいえるかもしれません。

どんなクレンジングがいいでしょう?

前述の通り、肌に負担がかからないクレンジングはありません。
メイク=油汚れを落とす洗浄力は、同時に肌に必要な成分を奪い、クレンジングをする時の肌との摩擦、擦りすぎが、
しわたるみの原因にもなってしまいます。
その負担をできるだけ少なくするには、下記の条件を満たすようなクレンジングを使用するのが良いでしょう。

日中のダメージはその日のうちに落としましょう

メイクだけでなく、紫外線、精神的なストレス、PM2.5などの大気汚染物質なども肌ダメージの原因になります。
これらは皮脂を酸化させるだけでなく、複合的に肌の乾燥、炎症、酸化を引き起こします。きちんとケアしないとダメージが蓄積されて肌の老化につながります。大気汚染物質は、肌老化を促進するというデータも発表されています。
これらの症状にも対応している製品が理想的と言えるでしょう。

新製品 ケイカクテルVクレンジングジェルクリーム

肌に負担をかけないように考えられた処方の高機能クレンジング。
すすぎが楽なジェルクリームタイプで、紫外線、ストレスで疲れた肌にうるおいを与えながら、メイク、大気汚染物質、皮脂などの汚れを毛穴の奥からすっきりと落とします。 デイリリー花発酵液※1、蓮種子発酵液※1、加水分解アルギン※1などの植物エキスやカクテルビタミンクリーン(7種のビタミン※2)を配合し、日中に紫外線などのさまざまなダメージを受けた肌を優しく包み込むように洗い上げることで、しっとりと健康的な肌に導きます。

 

※1:保湿成分
※2:ビタミンA:リノール酸レチノール(保湿成分)、ビタミンB:ピリドキシン環状リン酸、シアノコバラミン(保湿成分)、ビタミンC:3-O-エチル アスコルビン酸(保湿成分)、ビタミンE:トコフェロール(保湿成分)、ビタミンP:グルコシルルチン、グルコシルヘスペリジン(保湿成分)

 

 ケイカクテルVクレンジングジェルクリーム 200g 4,500円(税抜)の詳細はこちら

 

メイクだけでなく、紫外線、精神的なストレス、PM2.5などの大気汚染物質なども肌ダメージの原因になります。これらは皮脂を酸化させるだけでなく、複合的に肌の乾燥、炎症、酸化を引き起こします。きちんとケアしないとダメージが蓄積されて肌の老化につながります。大気汚染物質は、肌老化を促進するというデータも発表されています。
これらの症状にも対応している製品が理想的と言えるでしょう。